アルカリ還元水 - 様々な病気からの解放
  • Home
  • /
  • コミュニティ
  • /
  • アルカリ還元水 - 様々な病気からの解放
アルカリ還元水は、いくつかの病気の改善に役立ちます。

01 血液を清掃するアルカリ還元水

私たちの体の血液は, 動物性タンパク質、脂肪などを過剰摂取したり, 運動不足やストレスを受けると酸性化され, 赤血球の柔軟性が低下し,
毛細血管を詰まらせたりしますが、この時に多量の活性酸素が産生されます。アルカリ還元水を服用すると, 血流速度が速くなり,ドロドロ
の赤血球がサラサラになって血液を浄化し, 血液循環を促進します。

02 糖尿病

糖尿病の根本的な原因は、排泄できなかった酸性の老廃物が膵臓にたまって膵臓の血液の供給が不足しているからです。 このように膵臓の
活動が弱まり、インスリンが作れなくなり発症する病気です。アルカリ還元水を着実に飲むと血液がきれいになり、 老廃物の蓄積を防いで
効果を得ることができます。 実際にMBC「命の水の真実」プログラムで糖尿病患者に臨床実験した結果、アルカリ還元水を飲む患者の血糖
値がインスリンを毎日注射する患者よりも低下した例があります

03 高血圧

血管の中に固体化された酸老廃物が血管を縮小させて血液と酸素の供給が不足するとき、体が自然反応で血圧を上げてより多 くの血を供
給しようとするので, 自然と血圧が高くなるのです。アルカリ還元水は, 界面活性力に優れており, 酸性老廃物を溶かし、 血管を拡張して
血圧を下げます。一方、心臓の筋肉のカルシウムを酸老廃物が奪って、カルシウムイオンが不足すると低血圧になりますが、 アルカリ還元
水は、カルシウムイオンが豊富なので、低血圧の治療にも効果的です。

04 がん

血液が酸性化されると、酸性老廃物が体内に蓄積され、その付近の細胞が死に始めますが、死なずに生きて遺伝子変異を起こす細胞が分裂
を続けると、がんになります。 がんが再発する理由は、体質は酸性のままで、細胞の根も残っているからです。アルカリ還元水を飲むと活
性水素が体内の活性酸素と結合して、血液がきれいになり、 老廃物がそれ以上産生されないので、予防や治療に効果があります。

05 肥満

肥満は, 炭水化物と脂肪の過剰摂取で代謝過程で消耗できなかった残余物質が脂肪酸に変化して腹部, お尻、太もも, 胸など体内に保存され
て起こる現象で, アルカリ還元水を持続的に飲み続けると脂肪酸が分解, 洗浄されて体外に排泄されるため, 肥満に効果があり、日本では前
々から常用しています。

06 便秘、慢性下痢

便が大腸に最初に入ってきたときは、お粥のような状態です。 大腸を通過しながら水分を吸収しますが、吸収の程度に応じて便秘や下痢に
なります。アルカリ還元水を服用する場合、適切な濃度のミネラルを供給するようになって水分吸収を正常に保ちます。また、血液の粘度
を落として、血液循環を助けることで便秘がなくなることがあります。便秘にもよく慢性下痢にも良いというと、一見矛盾しているように
見えますが、 これはアルカリ還元水が人体内で抗酸性を維持する重要な役割をするという意味です。

07 骨粗しょう症、痛風

血液が酸性化されると(血液のpHを高く維持するために)、骨や歯のカルシウムが抜けて骨や歯が弱くなりますが、これが骨粗しょう症の
原因です。これを予防するために食べるカルシウム剤は骨に届くより、むしろ酸性代謝物と結合して硬く固まって関節などの様々な機関に
炎症を起こしたり、腎臓や尿管に結石を引き起こす可能性があります。尿酸が関節の間に挟まると激しい痛み(痛風)を引き起こしますが、
関節部位は血液が届きにくいところなので、 酸老廃物の除去がしにくいです。アルカリ還元水は、粒子が小さくて深く浸透するので、アル
カリ還元水を飲むと尿酸や結石が溶解され、カルシウム,マグネシウムなどのミネラルが溶け出して骨粗しょう症を予防、治療することがで
きます。

08 心臓障害、貧血

血液は体内の輸送システムで栄養と酸素を供給して、細胞から様々な老廃物を運搬して生命を維持しますが、この血液を動かす心臓が酸性
化によりカルシウムを奪われ、その機能が低下して発生する成人病が心臓障害です。貧血は、鉄が不足するために赤血球の生成に異常を来
たする現象ですが、アルカリ還元水に溶解しているカルシウムや鉄分、 ミネラルが良い効果を与えます。

09 飲む化粧品

肌を滑らかにする機能性化粧品を塗るとしわを一時的になくすことはできますが、根本的な原因である皮膚の下に溜まった老廃物はそのま
まなので、 再びシワが生じます。アルカリ還元水を着実に飲むと皮膚の下の酸老廃物を徐々に減少させて、活性酸素を除去してくれるので、
肌が良くなります。

10 食困症

胃で消化された食べ物は腸に進むとき胃酸によって強い酸性に変わって膵臓が苛性ソーダを作って食べ物を中和させます。この時、 膵臓か
ら苛性ソーダを作るために塩酸を作って血を流しますが、これが食困症の原因です。すなわち、塩酸が血液と混ざって血液が酸性 化される
ときに眠気が指すのです。アルカリ還元水一杯さえあれば、食困症を解決することができます。

11 アトピー

日本の丹羽ゆきえ博士は、活性酸素がアトピー性皮膚炎の原因であることを明らかにしました。 アトピー性皮膚炎患者の血液を検査して
みた結果, 不飽和脂肪酸が健康な人に比べて非常に多かったのです。不飽和脂肪酸が活性酸素によっ て過酸化脂質に変化して体内に増加
すると角質層を損傷させ、保湿機能を低下させてアトピー性皮膚炎のような様々な障害を引き起こします。 アルカリ還元水を服用すると、
余分な活性酸素が除去され、アトピー性皮膚炎に効果があるでしょう。

        アルカリ水と薬の違い

高血圧の人がアルカリ水を薬と同じ取り扱いをして, 少し飲んで血圧が下がらないと水を引き続き飲まないと老廃物が再び積もり, アルカ
リ水の効果を得ることはできません。血圧を下げる目的でアルカリ還元水を飲みますが, 体の中のある部分に溜まった酸性老廃物の ために
命が重篤だったり, 非常に痛いところがありましたら、体がまずそこから酸老廃物を除去しようとするので, 血圧が下がらない場合がありま
す。 アルカリ還元水を飲むと体の中のどこかで必ず酸性が中和されるということです。私たちの頭脳ではわかりませんが, 賢い体が急なと
ころから使用するのです。

これがアルカリ還元水と薬の根本的な違いです。

日本九州大学大学院の白畑教授(遺伝資源工学)チームは、弱アルカリ水が人体内で様々なの病院の一つとして指摘されている「活性酸
素」を除去する作用があることを証明しました。 活性酸素とは, 地球上のすべての生命体に欠かせない酸素(O2)が電子を失ったり, 必要
以上にたくさん持っている状態を指しています。 私たちが呼吸する酸素の2%は活性酸素に変化しますが, 人体では「善悪の二面性」を持っ
ているとします。良い面としては, 活性酸素が私たちの体を細菌から守る役割をするという点であり, 悪い面としては,細胞を酸性化させ,
老化を引き起こすだけでなく、がん・動脈硬化・高血圧などの原因となる可能性があるという点です。

白畑教授 は、試験管に活性酸素発生装置「スーパーオキサイド」を設置し、弱アルカリ水を投与し て活性酸素が除去されるかどうかを調査
した結果、原子状態の「活性水素」が「活性酸素」と結合して水に変わるということが分かりました。弱アルカリ水の場合、活性酸素と結合し
て水に変わるため, 理想的な抗酸化剤になる可能性も見えるという結論に達しました。 白畑教授チームの研究結果は、その後、生物化学
国際学術誌(BBRC)に掲載されるほど好評を得ました。六角水と人体の健康に対する臨床試験は、90年代初め、韓国でも発表されたこ
とがあります。

チェ•ワンギュ博士(元ソウル大学医学部教授•現サムスン医療院院長) は, ソウル大学病院に勤務する当時, 慢性の重症便秘患者(430年
病歴) 8人を相手に六角水を4週間投与した後、消化物の大腸通過時間をX線で観察して 排便回数を測定しましたた。その結果、8人のう
ち6人が排便回数が著しく増加し、排便時の不快感がなくなるなど、便秘の症状が改善されたことが分かりました。 また、便秘患者と比
較するために、対照群34人にも投与してみたところ、特別な変化は見られなかったそうです。