水物語
  • Home
  • /
  • コミュニティ
  • /
  • 水物語
水(Water)とは何か。

地球上のすべての生命体は、生命の維持のために必ず「水」を必要とします。

水には、Ca、Mg、Na、K、Cl、S、Pなど、数十種の元素が互いに結合した状態で存在します。 人は食べ物を食べなくても数週間生存することがで
きますが、「水」を飲まないと体内の代謝がスムーズに行われず、体内の毒素を排出することができなく、 自家中毒を引き起こして1週間以上生存する
ことが難しいです。人が摂取する「水」は、体内を循環しながら生命維持に欠かせない様々な機能を実行し、 一定量は、尿や汗などの形で排泄される
ため、人は毎日一定量以上の「水」を飲まないと健康に生きることができません。 私たちの体は約70%が水で構成されています。血液の94%が水で、
脳の85%が水で構成されています。 また、生命体の3.5%しかならないミネラルは生体化学反応を行う酵素と触媒役割を果たしています。 このよう
に、ミネラルの作用がなければ、生命体のすべての栄養素とエネルギーを生成することができないのです。
水の役割

01    水とは? - 私たちの絶対的な生命といえます。

  • 水は 脳髄のすべての機能に電気的エネルギーを供給する。(ミネラル栄養素... Zn。Nu。K. Ca...)
  • 水は 94%の水分で構成されている血液をきれいにし、体内の有害物質を尿として体外に排出させる。
  • 水は 細胞の中に入ろうとする浸透圧の衝突の中でKを細胞の中に移し、Naを細胞外に出すパルプ装置を回すことで、ここでエネルギーを
    生産する作用をすることにより、細胞内の水圧を維持する。
  • 水は 生体化学反応に参加しなければならず、水がなかったり、欠損すると、反応を起こすことができない。
  • 水は 人体の細胞にすべての栄養素を運んでいる。水がなかったり、欠損すると、栄養素を供給することができない。
  • 水は 人体の代謝に主たる役割を果たしている。水がなかったり、欠損すると、代謝が行われず、体内の毒性を外に排出できず、体内に溜
    ることになる。
  • 水は 人体の酵素と触媒の役割で、水がないと、酵素と触媒の役割をすることができない。
  • 水は 酸を細胞外に洗い流し、細胞の内部をアルカリ状態にする役割をしている。
  • 水は 私たちの体内に常時十分に維持されなければならない。細胞核の中のDNAは常にアルカリ性であり、酸性の腐食効果に極めて敏感
    な 反応を誘発させる。また、水は酸性を引き起こす過剰な水素イオンを血液から濾して尿として排泄する。

02    私たちの体で水のバランスが崩れた場合!!

私たちの体内で水が不足すると身体の神経伝達物質を作る多量の必須アミノ酸の欠損により、人体に深刻な被害を被ることになる。 したがって、
私たちの体で十分な水を維持するための努力は、健康的な生活と様々な感覚システムの老化現象を遅らせるための初期対応として最高の健康保険
であるといえる。 「水」は、人体のすべての細胞に電気的、磁気的エネルギーを生成して供給する。これにより、人体はエネルギーを供給されて、
健康な生活を営むことになるのである。

03     水は命の源です。生命体の水に対する変化・・・

  • 血液は94%が水である。
  • 脳髄の85%が水である。
  • 人体の75%が水である。
  • 出生児の成長の70%が水である。
  • 成長した成人の60%が水である。
  • 成長した女性の55%が水である。
  • 老人は50%~40%の水の変化があることがわかる。

では、果たしてどのような水が私たちの生命体に最も良い水と言えるでしょうか?
それは生命体の生体水に最も近い水が一番良い水といえるでしょう。

04     生命体の水

人体は70%以上の水で構成されています。したがって、水は、すなわち私たちの生命の源であると言うのです。健康を考えるとき、現在、
医師や患者はもっぱら薬や手術で病気を癒すということで一貫しています。 水が私たちの健康にどれだけ大きな比重を占めているかは非
常に重要なことです。

  • 人体の血液中の94%が水である。すなわち、94%に該当する水が人体の生命に栄養素を供給して生命を維持しながら生きているの
        が私たちの生命体です。
  • 人体の酵素は、元の二酸化炭素と水に分解しながら生成されるエネルギーを使用して生体を維持するのです。
  • 人体の35%に該当するミネラル(MINERALS)がなかったり、不足するときは、生体に何の反応も起こりません。 その結果, 生命体
        の細胞の組織の機能を弱体化を引き起こし、私たちの体は病気になることを避けられなくなります。

05   私たちの体(人体)に最適な水の基準は以下の通りです。

  • クラスタのサイズ - 細胞の浸透力と水の動きに関連する。
  • ミネラル有無 - 生体化学反応に破格的な酵素であり、触媒の役割としてのタンパク質組成に関連する。
  • PH濃度 - 生体細胞組織の機能を有効にするには、まず何よりもPHが正常化する必要があります。
  • 酸化還元電位の高さ - 生体細胞の活性化に起因する生体内の活性酸素をはじめとする有害物質の代謝に関連する。

       以上の4つの条件が整った水であれば, 私たちの生体老化を予防/遅延させ, 健康的な生活を延長することができる生命の水になります。

06   私たちの周りの様々な水のO17 NMR線幅の比較をしてみます。

雨水 119Hz
泉の水 122Hz
ミネラルウォーター 94Hz (분해 전)
井戸水 105Hz
水道水 117Hz ~ 128Hz
温泉水 79Hz
アルカリ還元水及び
電気分解水
65Hz
大阪浄水器 53.2Hz
. 磁鉄鉱石 (浸水) 85.0Hz
麦飯石 (浸水) 97.0Hz
遠赤外線 89.0Hz
蒸留水 118Hz
人の血清 142Hz
☆上表の水のHZを比較してください。!

クラスタ分子、すなわち、HZ(HZとは?水の粒子の大きさの単位です)が小さな水ほど水の分子の運動速度が速く, 私たちの生体の代謝
の効果をより高めるということを認知し、 1日2リットルくらいのアルカリ還元水を服用することが、私たちの健康を維持する良い習慣で
あると思います。