ミネラルMINERALS物語
  • Home
  • /
  • コミュニティ
  • /
  • ミネラルMINERALS物語
ミネラル(MINERALS)とは?

01    私たちの命に関わるミネラル(MINERALS)の元素を調べてみます。

  • 平衡イオン元素 : I- . Br- . Cl- . F- . OH-
  • 栄養型元素 : C . N . O . P . S
  • 神経伝達元素 : Li+ . Na+ . K+ . Rl+ . H+
  • エネルギー伝達および酵素作用元素 : Mg2+ . Ca2+ . Ba2+ . Sr2+ .Sm3+ . La3+ . Ce 3+
  • 生化過程、触媒、活性化元素 : Cu2+. Fe3+. Co2+. Ni2+. Zn2+. Mu2+. Sc3+.Cr3+. Al 3+
以上の元素は、私たちの生命体を維持している生体元素です。私たちの体にこれら元素が不足したり、バランスを維持することができれば、
私たちの体の生体細胞の組織機能は、その機能を果たさなくなります。これらの酵素と触媒作用は、生命化学反応過程に直接関与して電子
を伝達し、 様々な酸化・還元反応を起こしますが、上記の元素が不足すると、その機能伝達能力が低下します。そうなると、生命体のすべて
の新陳代謝と細胞の活性化に不均衡を造成するようになり、私たちの健康が損なわれ、病気を誘発させることになるのです。

02   私たちの人体のミネラル(MINERALS)の分析

ミネラルは英語で鉱物の意味で、無機質です。大きく見れば有機質と無機質で分けるできるできます。

  • 有機質はO. H. C. S. Pなどで表記されています。
  • ミネラルは、金属イオンを指しますが、Ca. Fe. Na. Cl. I. Se. Ge. Mnなどが欠かせない元素といえます。
  • ミネラルは... 1つの元素を使用するよりも複合的なミネラルを使用することがより効果的であります。
  • ミネラルは...酵素と触媒作用でタンパク質を造成して生命を維持させます。
  • ミネラルは...人体内で有毒物質と活性酸素を除去します。
  • ミネラルは...人体内の化学的、電気的機能を実行するのに基本的な要素であります。
  • 神経伝達の機能、筋収縮の機能、酵素の機能、触媒の役割機能をしています。
  • ミネラルは...欠損は人体の健康を悪化させ、万病のもとになれます。
  • 人体では約1300種類の酵素が半結合されていますが, この酵素は, 千億個の体細胞から発生する15万種類の生化学的, 電気的反応を実行し
    ますが, もし以上の人体の元素が欠損・欠乏すると, 人体のすべての細胞の機能が低下する過程につながることになります。

03    ミネラル(MINERALS)の役割

ミネラル(MINERALS)は、酸・塩基(H +.OH-)のバランスを調整してPHを調整することになります。

このことにより酸性体質をアルカリ性体質に変えてくれるバランスの取れた調整機能をミネラルが実行することになります。身体の内部に分
布している細胞組織や 体液の中に含まれているミネラルは、多くの新陳代謝反応に必要とされる酸または塩基を正常に維持するように調節
する役割をすることになります。 身体内の血液組織の細胞が求める適切な酸もしくは塩基はそれぞれ異なりますが, ミネラルは体内で適切な
PHを維持するように調整することになります。 酸性化された生体細胞組織の機能を活性化するには、何よりもまずPHを正常化させなけれ
ばなりません。 それはまさに細胞組織の機能の活性化に・・・
  • PHの正常化
  • 豊富な酸素
  • 適切な温度で細胞の活性化を実現することができるからです。

私たちの人体はPH6.8~8.0を維持しなければならないが、そのPHが酸性側にそのバランス崩すと、私たちの人体はその生命を維持できな
くなります。

  • 体液が70%~50%(男性)~45%(女性)が体液の欠損を感じており

  • 摂取することができるミネラルの欠損(給食の質と量の変化)

  • 体力活動の低下は、人体の代謝を低下させます。(有害物質の排泄障害)

  • 成人男性は60%の水、女性は55%の水分を所有しています。

以上の①、②、③の3つの異常要因は、人体の老化を促すことになります。すなわち、老化を防止することは、まさに私たちの努力有無にか
かっているのです。

  • 規則的な食生活文化
  • 規則的な水文化を確立
  • 規則的な運動
  • 常に心を空にして、与えられた条件に満足し、お互いに助けあって導いてくれる心で人生の余裕を持つと、私たちはより幸せで美しい
    豊かな人生を送ることになるでしょう。

04     ミネラル(MINERALS) が私たち体に及ぼす効果

1. Feの生物学的な作用

生体内の3分の2程度はヘモグロビンが存在し、 Feは、ヘモグロビンの主要成分で、Feとヘモグロビンが結合して酸素を各組織器官に輸送する役割をしています。 Feは、肺で酸素と結合して循環しながら細胞組織に酸素を与え、その代わりに二酸化炭素を受けて再 び肺に戻ります。これを外部に排出することになり、このように新陳代謝を行っています。

生体内の多くの酵素の構成成分として存在し、Feは酵素を通して細胞内の生物酸化プロセスと多くの酸化・還元反応に参加して細胞組織の呼吸とも密接に関連しています。

他の元素との関係は、Feは食物中にCaとPの含有量が過剰になると、Feの吸収に影響を及ぼし、CuとビタミンCは、Feの吸収を促進する役割をします。Feは、筋肉色素であるミオグロビンの構成要素であり、筋肉に到達した酸素と結合して糖質、脂質、タンパク質の酸化の際に必要な酸素を提供し、エネルギー発生に有効に利用されます。Feの欠損は、ストレスや免疫力の低下、子供の成長発育不良、妊娠中の女性の貧血などを誘発させる要因となります。Feは、血液の主要な構成成分であり、細胞組織の酸素供給と生体化学反応の酵素触媒作用と生体の新陳代謝になくてはならない生体ミネラルの中で最も·欠かせないミネラルであります。

2. Znの生理学的な作用

Znは、生体内に約2g程度存在します。Znは、50%が血液にあり、Znが欠損すると、植物は枯れてしまい、動物は死ぬことになります。私たちの体は成長の低下を引き起こし、特に妊娠中の女性と成長中の子供たちに非常に重要な成分であり、大腸菌も繁殖することができません。

Znは、細胞の構成に基本物資であるRNA - DNAの核酸とタンパク質の合成の役割をし、細胞分裂で極めて重要な役割を果たしており、動物の成長発育、繁殖力、免疫力、組織再生能力などに作用しています。

Znは、腸内で糖の吸収を促進し、インスリンの構成に重要な部分であり、炭水化物の代謝に重要な役割を果たします。

Znは、上皮細胞の角質化に作用し、傷の回復に重要な役割をします。

Znは、生体組織内で免疫力の主要な作用をします。

Znは、生体組織内の骨格形成に重要な因子であります。

Znは、ビタミン代謝の関係で、ビタミンCの排出量を減少させる役割をし、酸化防止の役割も果たします。 Znが欠損すると、ビタミンCの量が減少されたりもします。

Znは、老化現象で酸化防止作用があり、細胞と細胞膜の破損を保護し、老化現象を遅延させます。インスリンの生理機能と免疫力を高める作用もします。

Znは、細胞の成長、免疫抗酸化に主要な役割を果たしている重要なミネラル要素であります。

Znは、遺伝子との主要なホルモンの生成、そして脳の化学物質に非常に重要なミネラル元素です。このイオンは、細胞膜を横切って移動することができます特別な輸送システムを所有しています。

·脳は - 水の欠損と体温調節に非常に敏感な反応を誘発させ、過度の熱に耐えられない欠陥があります。脳の頸動脈は、心臓の大動脈から伸びています。しかし、その経路は、非常に精密であり、それが脳の特殊性であるといえます。

3. Cuの生理化学的な作用

Cuは、腸内の組織機関である肝臓- 脳 - 腎臓 - 心臓などに広く分布しています。

Cuは、甲状腺 - 脳下水 - 前立腺などあり、生命活動の維持に極めて主要なミネラルです。 もしCuがないと、人間の呼吸作用はその意味を失うことになり、血液の生産までが不可能になります。

Cuは、生物体内で極めて主要な触媒活性剤として、30種類以上の酵素作用をすることができるミネラル元素であります。生体内でも新陳代謝を維持するのにそのの触媒作用は避けられないものであります。

Cuは、細胞色素酸化酵素の触媒作用をしますが、その過程で電子伝達作用をする主なミネラルです。

Cuは、血を造成するのに重要な働きをしています。それだけではなく、Feヘモグロビンの主成分であり、FeもCuがなければ、ヘモグロビンと結合して血を作ることができません。したがって、Cuは、造血の主要成分です。

Cuは、細胞内のエネルギー生産に必要な4つの主要なミネラルの一つとして、・血管壁の弾力性組成 ・神経膜の保護作用 ・免疫維持作用 ・創傷治癒 ・中枢神経機能 ・メラニン色素の形成などに重要な役割を果たしています。

Cuは、リン脂質の合成を促進する機能があり、大脳と脊髄 root sleeveの正常な発育を担保しています。

Cuは、皮膚の色素代謝に関与します。毛髪成長促進剤であり、アミノ酸、酵素成分として毛髪の色素を形成します。

4. Mnの生理学的な作用

Mnの欠損は, 骨格不良と奇形児を作ことになります。

Mnの加水分解酵素の活性剤です。

Mnは、コリン代謝の過程で脂肪除去作用で抗脂肪作用をします。

Mnは、生殖機能に重要な役割を果たし、欠損時には酸素の機能障害 - 性周期の欠失 - 不妊 胎児 - 精子の活動が低下し、性ホルモンの合成が抑制されます。すなわち、性欲元素のうちの一つであります。

05    私たちの身体のミネラル(MINERALS)の割合の分析

ㆍZn = 62.76 ㆍFe = 3.0 ㆍCu = 15.82
ㆍCa = 6.11 ㆍMg = 2.03 ㆍMn = 1.67
ㆍNi=0.2(K-Na)は、固定状態で分析されたデ
   ータであります。
以上は、人体の肝臓 - 腎臓 - 脳に欠かせない必須ミネラルです 今後の健康管理で上記の7種類のミネラルが豊富な食べ物と良い水(アルカリ水)を飲んでいくと、私たちの健康を守る近道になるでしょう。

Fe - Zn - Cu - Mnの4大元素とイオンのミネラルは、生命体の中で最も重要視される因子です。

  • Feの血液、酸素、新陳代謝、酵素と触媒作用
  • Znの神経細胞の機能
  • Cuの生体、酵素、触媒剤の機能
  • Mnは、生命体の形成物質因子
そしたら、90%が水になる血液がどのように大脳の毛細血管に供給されるのか。
  • 心臓から頭皮に : ここで酸塩や老廃物を除去します。
  • 顔で : 宇宙エネルギーを吸収する場所で、ビタミンDを形成して、脳に供給されるCaの洗浄化反応を造成します。
  • 舌で : 唾液による血素のPHを弱アルカリ組成の反応の効果を経た後、脳の毛細血管に輸送されます。
このように、脳の中の毛細血管に供給される90%の水である血液の供給は、最先端の加工技術で加工して、頭皮→顔→舌の精密
加工の下, 脳の中に供給されます。ここで、ミネラルZn+の(+)イオンポンプの活力によって脳細胞に供給されます。(K-) (Na+) (Zn+)

06   미네랄의 분석

  • 이온미네랄(IONIC MINERALS)
  • 콜로이드 미네랄(Collodia Minerals)의 분석

미네랄 (Mineral )의 중요성

인체 내에서의 사용과정(흡수)은 미네랄의 균형성 즉, 미네랄 밸런스(Mineral Balance)에 큰 영향을 받는다. 미네랄 밸런스는 중금속의 흡수를 막고
배설을 촉진시켜 체내 중금속 중독에 의한 각종 질병을 예방한다. 이처럼 미네랄은 섭취보다 밸런스와 균형이 중요한데, 미네랄 밸런스가 유지되어야
만 건강한 세포 및 신체를 유지할 수 있다. 현대질환의 대부분 은 미네랄 결핍 뿐 아니라 밸런스의 파괴로 발생한다. 체내의 흡수율을 높이려면 !!! 미
네랄이 세포막을 자유롭게 드나들 수 있는 단분자 혹은 이온화된 분자상태가 아니면 불가능하다. 미네랄이 이온형태로 존재하고 있는 이온미네랄(Io
nic Minerals)
이 가장 인체 소화기관의 분리도가 높은 내장의 세포막을 통해 쉽게 전달되어지며, 또한, 이온미네랄 (Ionic Minerals) 은 전기적 전
하를 띠고 있기 때문에, 신체가 미네랄을 흡수, 소화하기가 매우 용이하다. (전기적 변화로 인해 대장에서 세포 쪽으로 쉽게 유입가능)

이온미네랄(IONIC MINERALS)

인체 소화기관의 분리도가 높은 세포막을 통하여 쉽게 전달되어진다. 이온미네랄은 전하를 띠고 있기 때문에, 신체가 미네랄을 흡수하기에 매우 용이
하다. 콜로이드미네랄이 장내 세포막을 통과하기 위해서는 좀 더 작게 분쇄 되어져야만하고, 전하를 띠어야 한다. 이러한 전기적인 변화도는 이온미네
랄이고 농축된 장소(대장)에서 덜 농축된 장소(몸의 세포)로 쉽게 유입되도록 돕는다. 인체는 소화 과정을 통해 이온을 충전 함으로써, 이 과정에 도움
을 준다. 콜로이드 미네랄은 더 작은 하전 입자로 소화되기 위한 모든 과정을 거쳐야 하기 때문에, 인체는 이온미네랄콜로이드 미네랄에 비하여 훨
씬 효율적으로 흡수한다.

콜로이드 미네랄이 이러한 모든 소화과정을 마쳤다고 하더라도, 인체가 섭취한 모든 음식을 이용하지 못하는 것처럼 콜로이드 미네랄의 전량을 다 이
용하지는 못한다. 이온상태(IONIC STATES)의 이온미네랄은 (+) 또는 (-)의 본래의 전하를 띤 원자나 원자의 집합으로 구성되어 있다. 이 전하는 전
자를 잃어버렸거나, 추가적인 전자를 소유했기 때문에 원자를 둘러싸고 있다. 이런 전자의 추가나 감소는 원자나 이 온에게 전기적인 신호 또는 전하
를 보낸다. 이러한 충전은 인체의 전체 이온의 농축을 지속하는데 중요한, 중성 전기부하를 생성하는 끊임없는 과정 속에서 다른 이온이 전자를 주거
나 또는 빼앗거나 하는 과정에서 상호 이온을 끌어들이거나, 축출하거나 하는 작용을 하게 한다. 원자형태의 다양한 미네랄들은 이온복합체를 형성하
기 위해 다른 미네랄과 결합한다. 원자들간에는 다른 종류의 원자들과 복잡한 적합성이 존재한다. 예를 들면, 각각의 원자는 지속적으로 통제 가능한
범위에 정해진 숫자의 전자를 가지고 있다. 이 원자는 같은 형태의 다른 원자들, 또는 다른 형태의 원자들과도 상화작용을 하기 때문에 다른 미네랄 복
합체를 구성하기 위해 다른 원자들과의 원자분할을 맺는다. 이러한 결합은 모든 유기체(생물)의 활동에 매우 중요한 역할을 한다. 왜냐하면 이러한 원
자의 다양한 형태의 결합은 고체를형성하기 때문이다.

“콜로이드 미네랄은 매우 작은 전하를 띤 입자로 바뀌기 위한 모든 소화과정을 거쳐야 하기 때문에, 인체는 콜로이드미네랄 보다 이온미네랄을 더욱
효과적으로 흡수한다.
“ Sodium chloride(염화나트륨) ​더 좁은 시각에서 봤을 때, 미네랄은 상대적으로 간단한 상호작용을 한다. 이러한 미네랄 복
합체는 다양한 신진대사의 필수요소이다. 또한 최적의 건강상태를 유지하는 것 뿐만 아니라, 생리적인 기능에도 매우 중대한 역할을 한다. ​가령 나트
륨의 원자와 염화물의 원자는 가끔, 식사용 소금으로 알려진 염화나트륨을 형성하는 연결된 상태로 발견된다. ​ 최근 몇 년 동안 소금으로 인한 건강에
유해한 효과가 알려져 왔다. 그러나 소금 (염화나트륨)이 없다면, 어떠한 생명체도 존재할 수 없다. 더욱이 나트륨과 염화물의 분리상태는 신장기능,
소화효소 의 형성, ​ 신경전달, 근육기능 등과 같은 생리적인 기능에 기여한다. 염화물은자연적으로 원자를 생성하는 인체의 용액 속에서 생성되는 주
요한 미네랄 영양소인 염소의 또 다른 형태이다.염화물은 잘 알려진 음전하를 띤 이온이며(음이온), ​ 인체에서 약 70%의 음이온을 나타내는 우세한
이온 (전해질)이다. 염화물의 음전하(-)는 나트륨과 칼륨의 양전하 균형을 유지하는 도움을 준다. Potassium Chloride (염화칼륨) 최적의 생리학적
기능에 필요한 다양한 필수 이온 미네랄의 조합들이 있다. 염화칼륨은 건강의 중요한 역할로 인해 매우 빨리 인식되어진 미네랄 복합체이다. 염화칼
륨이 섭취되면 칼륨과 염소의 원자로 분쇄된다. 칼륨은 칼륨자체로 뼈 건강, 심장근육의기능, 세포막의 이동에 매우 중요한 요소이다. 또한 칼륨은 인
체에 대량으로 존재하며, 매우 다양한 기능으로 사용되어진다. 칼륨은 나트륨이 세포 밖에서 acid-base balance(인체 내의 산과 알칼리의 균형) 와
삼투압 균형(양이온과 음이온의 균형)의 유지 역할을 하는 것처럼, 세포 안쪽에서 같은 기능의 많은 부분을 수행한다. 칼륨은 세포의 75%의 양이온
을 제공하는 intracellular 양이온이다. 나트륨의 섭취량을 줄이고, 칼륨의 섭취를 늘리면 혈압 조절기능을 높일 수 있다.

미네랄은 다른 원소들과 결합되지 않은 단일상태, 또는 전하를 띤 미립자를 만들기 위해 다른원자와 연결된 이온상태로 존재한다. 미네랄의 대부분은
생리적 활용에 중요한, 다른 형태, 다른 미네랄과 결합된 상태로 발견된다. 인체가 이온화 되었거나 전기적으로 전하를 띤 미네랄을 섭취하게 되면,
미네랄은 선택성이 높은 침투 가능한 내장의 세포막을 통해 흡수되어진다. 사실 내장기관의 연결하는 세포막은 이온 감각기관의 형태를 통해,그것들
의 자체적인 전하를 유지한다. 인체는 음식 영양소의 흡수를 촉진시키기 위하여 세포막의 연결에 전하를 지속시킨다. 다른 감각기관은 내장기관을 통
과하는 다양한 영양소를 끌어들이기 위해 다른 전하물질을 지속시킨다.

이러한 전하 때문에 이온 미네랄은 쉽게 내장기관의 세포 속으로 침투되어지고, 인체의 다양한 생리적인 활동에 신속하게 사용되
어질 수 있다.